レアジョブとフィリピンについて

レアジョブとフィリピンについて

ここでは、レアジョブがフィリピン人に拘っている理由について説明致します。

 

レアジョブがフィリピン人を採用しているのは、決して人件費が安いだけではありません。

 

れっきとした理由があるので、こちらのページを参照してみてください。

フィリピンでは英語が公用語となっている

フィリピンでは英語がフィリピン語と共に公用語となっています。

 

そして、英語を公用語としている人口で見ると、世界第3位となっているのです。

 

さらに、フィリピンの学校では、二重言語政策が設けられており、小さな頃からしっかりと英語の教育を受けているので、ネイティブと大差ない英語を喋ることができます。

 

特にレアジョブで採用している講師は、有名なフィリピン大学の在学生や卒業生が中心となっております。

 

つまり、フィリピン人の中でもより英語が堪能な方を採用しているのです。

 

また、レアジョブの講師になるためには、約10%の倍率を潜り抜けなければなりません。

 

今在籍しているレアジョブの講師は、困難な試験を乗り越えてきた方たちなので、質に関しては全く問題ないでしょう。

フィリピン人の英語は聞き取りやすい

全世界では多くの方が英語を使用し、一般的に話していますが、その中でネイティブと呼ばれている人は全体的に見ると非常に少ないのです。

 

そして、多種多様な表現の仕方があり、地域によって発音も変わってきます。

 

その中でも、フィリピン人が話す英語は、非常に聞き取りやすくなっております。

 

その理由は、世界で名高い企業のコールセンターがフィリピンを拠点として活動しているからです。

 

つまり、フィリピン人の英語は世界で通用すると言えるのです。

まとめ

多くの方は、「フィリピン人だとレッスンが心配」「フィリピン人に英語が喋れるの?」という不安があり、オンライン英会話を避けているのではないでしょうか?

 

しかし、全く問題はありません。

 

レアジョブでは特に質の高いフィリピン人を採用しており、親切で丁寧な教え方ができる方のみとなっているので安心してください。

 

>>> レアジョブの詳細はこちら